学生時代に最も力を入れて取り組んだ/挑戦したことにより、何かを成し遂げた経験、およびその経験を通じて得たご自身の強みについて、記入してください。 534文字

大学時代、私は学校内の中国人留学生会の副会長として、留学生会の運営、特に年一回盛大に開かれる「外語祭」での飲食店の運営を担当しました。一年目にはかなり大きな成功を収めましたが、二年目には人があまり通らない場所で出店せざるを得なかったため、準備の段階から皆のモチベーションが下がっていました。予定通り開店しましたが、二日目の売り上げの合計は、前年度初日の30%しか達せず、皆のモチベーションは一層下がりました。その中、私は副会長として成功させる責任、かつ諦めたくない強い想いで、すぐにできる解決策として皆を動員して売り歩くようにしました。同時に店の位置や周辺の他の店の情報までお客様に伝えるようにして、店の周辺地域の活性化をはかりました。結果として、外語祭が終わるまでの売り上げは前年度の6割しか達していなかったが、思わぬ結果として、最終日の売り上げは前年度を2割も超え、前年度に味わえない達成感を感じました。以上の経験から、私は「逆境を前向きにとらえることでチャンスにすること」ということを学びました。「危機」という漢字にあらわせるようにピンチとチャンスは表裏一体であること、そして、情熱をもって、粘り強くやり続ければ、不可能も可能になると、この経験からまなびました。