あなたの周りで起こった変化によって、いつもより柔軟になることが必要になった時のことを述べてください。その時の状況を説明し、あなたがどのように対処したのか教えてください。 584文字

私はホテルの受付でアルバイトをしている。ある女性のお客さんはよくホテルに文句を言う。しかし、お年を召していて、日本語の堪能な外国人であり、何よりこのホテルのリピーターなので、スタッフはいつも我慢していた。何か言われても、笑顔で、はい、はい、と、そのお客さんが言いたいことを終えるまでお伺いする。しかし、ある日、他のお客さんがいっぱい集まっている時、そのお客さんが来た。いつものように文句を言い始めた。ホテルのドアが自動じゃないので、とても不便だとか、部屋のエアコンは涼しくないといったことである。このようなことを他のお客さんの前で言ってしまったら、ホテルのイメージがとてもよくない。だから、いつものようにただお客さんの気持ちを優先して、言い終わるまで黙って待っていることはまずいと考えた。そのため、わたしは急いで、そのお客さんと別の会話を試みた。“今日は暑いですね。どこか涼しいところに行きませんか?”ということを聞いてみた。続いて、新たに届いた観光地のイベントのチラシについて、その紹介をした。そうすると、他のお客さんが離れるまで、そのお客さんは文句じゃなくて、より面白い会話をした。そのお客さんは本当にホテルに不満があるのではなく、多分自分のストレス解消のため、そのように振舞っていたのだと私は思った。時に、柔軟に対応すれば、人の考えがかわる契機にもなると感じだ。