あなたがグループの中でリーダシップをとって、方向性を示し、グループメンバーから協力を得ていい結果を出した経験について説明してください。

日本に来る前に、中国で、私はリーダーとして、友達2人と一緒に韓国留学事務室を作った。事務室は2年間続いて黒字で、毎年の利益は平均で110万円くらいだった。最初から、私はこの事業ができると考えた理由がある。まず、地元の高校生と大学生は韓国留学のニーズがある。韓国の大学も学生数が減っているため、留学生が必要という状況だ。次に、二人の友達のうち一人は高校の先生、もう一人は大学の先生だった。私は韓国留学の経験もあるし、留学についての流れも十分に分かる。従って、友達は高校と大学の両方で学生を募集することができ、私は韓国留学の全体調整を行うという役割分担でその事業ができると考えたのだ。私はその考えを友達に話し、副業でも可能であることや初期投資は少ない一方、利益は比較的すぐにでる点を強調し、自身の構想に協力してもらえるよう工夫した。その結果、期待したとおり賛成をもらった。そして、私は事業全体の管理をする立場として、韓国の大学との連携や学生の韓国留学の申込の流れ、後は韓国語の授業も担当した。また、経理や財務、法律のことなどは私の責任になった。なぜなら、その二人は学校の仕事もあるので、私より時間が少ないからだ。
この2年間の経験により、私は市場についての判断力、管理者としての調整力、営業者としてのコミュニケーション能力を高めることができた。