日本在留中のミャンマー人在留資格が失効後も特例で滞在可能に

(以下、法務省HPより抜粋) >>>
>> 本国情勢を踏まえた在留ミャンマー人への緊急避難措置

概要

日本在留中のミャンマー人に在留資格が失効しても特例で引き続き滞在できるようにすると発表されました。

技能実習生らを対象に「特定活動」の資格が与えられ、就労も認められます。

ミャンマー国軍によるクーデター後の情勢悪化を踏まえた措置として出入国在留管理庁が発表しました。

対象者

ミャンマー国籍を有する方又はミャンマーに常居所を有する外国籍の方で,ミャンマーにおける情勢不安を理由に本邦への在留を希望する方

※現在有している在留資格に基づく活動を継続している方は,本措置に係る在留資格変更許可申請を行う必要はなく,現在有している在留資格で引き続き在留できます。

措置内容

現在有している在留資格に基づく活動が満了した方(※1)については,原則として,「特定活動(6か月・就労可)」への在留資格変更許可申請が可能です(※2)

特定産業分野(介護・農業等の14分野)での就労を希望する場合,「特定活動(1年・就労可)」への在留資格変更許可申請も可能です。

※1 「活動が満了した方」とは,例えば,雇用契約期間が満了した方,技能実習を修了した方,専門学校・大学・大学院など教育機関を卒業・修了した方などが該当します。

※2 ミャンマーにおける情勢が改善されていないと認められる場合には,在留期間更新許可申請が可能です。

提出が必要な書類

(1)在留資格変更許可申請書

(2)パスポートの写しやパスポートの出入国印など,上記の対象者であることが分かる資料

(3)理由書

 詳しくは、Your Careerにご相談ください!

無料相談はこちら ※相談には会員登録が必要です。