【はじめての就活】企業研究とは?

企業研究とは何か?

企業研究とは、一言でいうと「企業の特徴を知ること」です。具体的には、企業の事業内容や、同業他社との違い、業界での位置、企業理念などを理解することです。企業研究によって自分に合う企業を見つけるためにも、企業研究の前に自己分析をしておくことも重要です。

企業研究を行なう理由

企業研究を行なう理由は大きく分けて2つです。

自分が行きたい企業を見つけるため

企業研究を行なうことで、同じ業界の中でも自分と合う企業、合わない企業の違いが見えてくると思います。その時に「なぜ自分と合わないと思うのか?」を少し考えてみると、自己分析を深めることができます。また、企業研究をして事前に仕事内容や社風を調べてることで、入社後のミスマッチを防ぐことができます。

具体的な志望動機を言えるようにして、志望度の高さをアピールするため

留学生の中には自分のやりたい職種がはっきりとしている方、自分の能力が活かせる会社であればどこでもいいと考えている人いるかも知れません。しかし、それでは、日本の就職活動を乗り切ることは難しいです。

日本ではいわゆる海外のように就職者の能力や適性で採用する方法とは異なり、就活生の現在の実力だけでなく、ポテンシャルを大きく評価します。このポテンシャルとはこの企業でどれだけ成長できる見込みがあるかどうかで、面接の際に意欲とやる気で測られます。つまり、就活生はいかに就職意欲が高いかをアピールしなければならず、アピールするためには、企業を深く理解する必要があります。

おかしな話に聞こえるかもしれませんが、能力よりもその企業への興味や関心が強いことが求められ、興味や関心があるならもちろん企業への理解度も高いよね?ということになるのです。

企業研究で見るべきポイント

では具体的に何を調べればよいのでしょうか。

会社概要

代表者氏名と挨拶・企業理念・所在地・従業員数・近年の売上・設立年、企業の歴史・取扱商品・ターゲットの顧客・平均勤続年数など。
これらの項目は企業のHPから調べることができます。企業ごとにリスト化して書き出してみると、分かりやすくなります。

業界内での位置づけ

特に力を入れている製品やサービスはなにか。また今後どのような方面に力を入れていく予定であるかなどです。CSRも企業の特徴がでているので、調べてみるといいでしょう。
業界界地図など見ると業界の全体像が図式化してあり、視覚的に理解することができるためおすすめです。

社員への取り組み

福利厚生と社員研修などの社員に対する制度も重要ですよね。どのような制度があるかについては各企業のHPから調べることができますので、どのような制度があるか、一通り調べた上で、詳細の内容については説明会やOB・OG訪問の際に確認してみるのがいいでしょう。

社風

社風やその企業が求めている人材なども調べることで、自分と合っているか確認しましょう。社風は会社説明会やOB・OG訪問から調べることができます。求めている人材は企業の採用ホームページや会社説明会などで調べることができます。

企業研究のやり方

企業のウェブサイトを確認する。

はじめに企業のウェブサイトや採用案内のページを見てその企業の特徴を掴みましょう。

合同説明会や個別の会社説明会に参加する

説明会に参加することで、企業に対する知識を深めます。説明会の内容は、その企業が特に伝えたいこと含んでいるため、その企業ならではの強みを聞くことができます。また、実際に企業に赴いて、説明会に参加することで、ウェブサイトからは分からない企業の雰囲気や社風を感じ取ることもできるでしょう。説明会などで実際に社員に質問する機会がありますが、企業のウェブサイトなどで分かることは事前に調べた上で質問するようにしましょう。ウェブサイトに載っており、すぐに調べれば分かることを質問してしまうと印象が悪くなってしまう可能性があります。

OB・OG訪問

説明会まで参加すると、企業の特徴が掴めてくると思います。OB・OG訪問では、説明会では聞くことができないような仕事内容の更に詳しい情報や、その企業のいいところや悪いところなども聞いてみましょう。また働き方やプライベートなことも聞くことで、ワークライフバランスの面からその企業が自分に合っているかも確認することができると思います。

企業研究の注意点

第一志望への愛が強すぎる

第一志望の企業があるということはいいことですし、行きたいという気持ちが強ければ、企業研究も進むでしょう。しかし、一つの企業に執着して他の企業をないがしろにした場合、その企業に落ちた時のリスクが大きいです。少し視野を広げて、他の企業も調べてみましょう。

仕事内容だけ調べて終わってしまう

仕事内容を調べるとその企業に対してイメージがつきやすく、志望動機を作ることができると思います。しかし、他社でも同じことができるということは多くあります。細かく調べて他社との差別化を測りましょう。