とっておきの写真 337文字

この写真は学部2年生の時、国際交流基金が中国で行った「日中交流40周年サマープログラム」に参加した時の写真である。私は学部の時から各種の日中交流のイベントに参加し、日本人との交流を深めてきた。このプログラムは今まで参加したイベントの中で、最も盛大に行われたもので、60人程度の日本人学生と中国人学生がチームに分かれて、活動を行った。私はその中の赤チームの1人として、日本人学生に学校の案内をしたり、中国文化を紹介したり、チームメンバーと一緒にプレゼンを考えたりした。このプログラムへの参加をきっかけにして、中国と日本の架け橋になりたいという気持ちが強まり、また、このような経験を通じて、異なる価値観への理解と尊重が国際交流において最も重要であることを再確認することができた。