自ら学び考え、行動した経験を教えてください。 276文字

学部を卒業する前、「これからの進路」について考える岐路に立ち、「社会人として私は社会に何を貢献できるか」と自ら深く考えましたが、「社会に入る前にやはり予め自身の語学力と分析力をさらに上げていくのが大事」という考えに至りました。そこで、日本の大学院にチャレンジし始めました。大学院に合格するため、計画を立てました。目指す大学院は三つのレベルに分けて、それぞれに向けて、準備をしていました。入学試験に落ちた経験は何回かありましたが、落ち込む自分を励まし、諦めずに、改めて自分の勉強不足なところを考え、慎重に計画を立て、最後は第一志望の大学院に受かりました。