履歴書の書き方①基本情報

前回の記事でCV / Resumeりれきしょについて説明しましたが、もう少し詳しく説明します。まずはCV / Resumeりれきしょの左側の基本情報の書き方を確認しましょう。

前回記事→「りれきしょ(Curriculum Vitae,Resume)とは

個人情報こじんじょうほうの書き方

名前、生年月日、住所、電話番号、メールアドレスは書いたあとに間違えていないか確認しましょう。

特に注意が必要なのは、日付、氏名と写真です。

日付

郵送ゆうそうで送る場合は、提出する日にち、面接で手渡しで渡す場合は、面接の日にちを書くことが一般的いっぱんてきです。

日にちを書くときには、西暦(2020年など)または和暦われき(平成、令和)のどちらを使っても問題ないですが、その後に書く学歴や職歴しょくれきなどの経歴欄けいれきらんと同じものを使いましょう。

 

氏名

氏名の上に「ふりがな」と書いてあったら、ひらがなで、「フリガナ」と書いてあったら「カタカナ」で書きましょう。細かい点ですが、「ひらがな」か「カタカナ」はCV / Resumeりれきしょによって違いちがいますので、気をつけましょう。

写真

写真を貼るはるらんがあったら、用意しましょう。顔の大きさが大きすぎたり、小さすぎたりしないようにしましょう。また、一般的いっぱんてきなサイズは4×3cmですが、写真を取る前にCV / Resumeりれきしょを確認しましょう。他のサイズの写真を無理やり切って使うことはしないでください。

経歴けいれきの書き方

学歴の書き方

日本の新卒の就職活動しゅうしょくかつどうでは一般的に中学卒業から書きます。母国で大学を卒業している場合は、高校から記入しましょう。

学校名や学部名は省略しょうりゃくせずに正しい名前で書きましょう。

職歴しょくれきの書き方

母国や日本で職歴しょくれきがある人は、職歴しょくれきを書きます。アルバイトは職歴しょくれきには含まれません。

職歴しょくれきと学歴は分けて書きます。【学歴】と【職歴しょくれき】という項目を作って分かるように書きましょう。

 

全て書いたら最後は次の行の右下に「以上」と書いて、すべての経歴を書いたことを示しましょう。

 

個人情報こじんじょうほう経歴けいれきは特に考えて書くことはありませんが、年月日や学校名、会社などを間違えずに書くことが重要です。必ず正しい名前や年月日を確認しましょう。

(参考:マイナビ「履歴書の書き方マニュアル