テストセンター試験当日の流れ

1テストセンター会場には余裕をもって到着する

テストセンター会場に遅刻してしまうと、試験が受けられなくなる可能性があります。電車が遅れることや、道に迷ってしまうことなどを考えて、早めに着くようにしましょう。

2受付する

会場に到着したらまずは受付に行ってください。受付では、「受験票」と「顔写真付き身分証明書」を見せて、本人確認が行われます。忘れずに持っていきましょう。受付後は荷物をロッカーに預けるように指示がありますので持ち物をまとめましょう。

3荷物をロッカーに預ける

テストセンターの試験を実際に受ける受験部屋には「受験票」と「顔写真付き身分証明書」以外の持ち物は持って入れません。それ以外の持ち物はすべてテストセンター会場に設置されているロッカーの中に預けましょう。ポケットの中にスマートフォンが入ってないかも忘れずに確認してください。鉛筆や消しゴムなどの筆記用具も係員から渡されるものを利用するため、預けてしまって問題ないです。

荷物を預けた後は、受付前の待合室に戻りましょう。自分の受ける時間(ターム)が呼び出されたら、受験部屋に向かいます。その時に係の人からテストセンターの試験で使うメモ用紙と筆記用具が渡されます。また、座る席も指定されるため、指示の通りの席に座ってください。

4SPI3テストを開始

受験票に書かれているIDにログインするとすぐに能力検査テストが始まります。能力検査は35分程度です。問題ごとに制限時間があります。また、一度進んでしまうと前の問題には戻れないので注意してください。しかし、テストセンター試験で大切なことは、解答の正確性です。制限時間があると焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて解きましょう。

(参考:キャリアアカデミー「【完全版】テストセンター受検のための事前準備&当日の流れ」

5終わった後の手続き

試験が終わったら、荷物をまとめて受付に戻ります。係員に借りたメモ用紙と筆記用具を返却し、また、「受験票」と「顔写真付き身分証明書」で本人確認をします。

すべての手続きが終わったら終了です。

 

(引用:Matcher Dictionary「テストセンターとは?-準備・予約・当日の受け方を解説」)

テストセンターを受けるまでの流れは、Your Career「SPI3受験方法」 とYour Career「テストセンター受験までの流れ」を確認してください。