日本の企業はどのような方法で外国人材を募集しているのか

日本で働きたいと思ったらまず最初に知っておくべきなのは日本企業がどのように採用を行っているかということです。今回は日本の企業がどのような手段を使って外国人材を募集し採用しているのかを見ていきます。

 

1.知人を介しての採用

2.大学や専門学校等への求人募集

3.インターンシップやアルバイトとして元から働いている人材を正規雇用する

4.LinkedInなどのSNSを利用する

5.外国人雇用サービスセンター(https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-foreigner/)を使う

6.外国人材専門の人材紹介会社を利用する

7.会社ホームページ

 

中小企業の場合は1や3の方法を、大企業は5、6、7の方法を使っていることが多いです。
また、IT企業やベンチャー企業などはLinkedInなどのSNSを最大限に利用し、採用の窓口を広げています。
それ以外の企業でも自社のホームページや採用ページを日本語版だけでなく英語版や中国語版、韓国語版などの言語で用意してある企業は外国人採用に対して積極的と考えていいでしょう。

また、自分が大学や専門学校に通っている場合はそこで開かれる、または留学生対象の就職説明会に参加することはとても効果的です。
日本企業は「新卒」といわれる大学や専門学校を卒業したばかりの人材を採用することを好みます。また、外国人留学生に対して「日本語が流暢」、「日本文化や慣習にも慣れている」という期待を企業側は持っているため日本で留学、勉強していた経験に対して安心感を抱く場合が多いです。
製造業などの技術者や通訳・翻訳や海外取引業務など一般的な総合職に就くことを希望している場合はそこで職を得るチャンスが特に多いでしょう。