外国人が日本で実際に働いてみて感じた不満

違う国で働くということは、全く違った職場でのスタンダードの下で働くということです。自分がもっている、あるいは期待していたスタンダードとは違うものに触れたときに不満や疑問を感じることはとても自然なことですが、それらを事前に知っておくことで日本で働くことのどのようなリスクがあるのか把握することができます。今回は外国人が日本で実際に働いてみて感じた不満を見ていきます。

1.昇進する見込みが感じられない/給料が低い、なかなか増えない/能力や成果に応じた評価がなされない
現実に日本で外国人が昇進するのは現段階ではとても困難であるようです。日本には昔から「年功序列制度」という勤務年数や年齢といった要素を重視して組織の中で役職や賃金などを決定する慣習があります。実力や功績ではなくどのくらいの時間その会社に勤めていたかで給料や役職が決まるのです。「完全実力主義」をうたっていても実際には年功序列制度が続いているところが多いので結果的に評価や昇進の基準が不透明になります。このことから、実力主義をベースに昇進を考えている人は早いうちにやめてしまうことが多いです。

2.希望する仕事に就けない、期待される役割や仕事の内容が会社から明確に提示されない。
日本の職場は個人よりもチームとして仕事することを重視したり、高い専門性よりも広く柔軟な総合性を人材に求めることが多いです。そのため、自分の専門性とは関係ない分野の仕事を任せられることも少なくありません。また、企業の中には「今後のグローバル展開に必要」や「ダイバーシティの向上が必要」というような抽象的な理由で外国人材を採用しています。そのため配属先の部署と人事部との間でも外国人材の人にどのように働いてもらうかについての合意もない場合があるので結果として外国人材が思うような成果を上げられず会社に対する不満を生じさせることになります。

3.労働時間が長い、休日を取りにくい
日本の職場では個人が特定の仕事を遂行するということよりも組織の一員として働くことが基盤となっており、チームとしての一体性が強調されがちです。そのため自分の仕事がたとえ終わっていたとしてもほかのメンバーが残業をしている中、早く自分だけ仕事を終えることはチームとしての一体性を壊す行為と認識され、ほかの同僚や上司から集団の一員としての評価を得られないという状況になりがちです。こうしたことから「上司が帰るまでは部下は帰らない」といった暗黙の了解や、遅くまで残業していることが上司から評価されるという風潮が生まれます。
このような労働環境の在り方は多くの外国人材にとってアンフェアな長時間労働してストレスになることが多くなります。

日本には特有の職場の文化や風習があり、そういったものを理解し慣れないとストレスになることが多いです。日本で働く際は、仕事の種類や給与だけではなく、その特有な環境で仕事を続けることができるのかということを検討する必要があります。